2013年 10月 13日

トリエンナーレ~赤と青の線

c0060482_0144462.jpg

『赤と青の線』とゆう作品です。


c0060482_013095.jpg

『生ましめんかな』とゆう作品です。
両側の部屋に大きな黒板があり、チョークで書いた『生ましめんかな』の文字が浮かび上がります。


c0060482_0133035.jpg
名古屋市美術館には着いたらまずベロタクシーと『空飛ぶ泥船』の予約をしてから入りました。
作品の数が少ないので写真撮っても30分で終わります。
予約通りに泥船にも上り、ベロタクシーで納屋橋へ向かいます・・。
[PR]

by fuji_sss | 2013-10-13 00:33 | ART | Comments(5)
Commented by photoboy5 at 2013-10-13 17:11
愛知トリエンナーレ面白そうですね。僕もブラブラしたいです。
『赤と青の線』は優しい色合いでいいです^^
ドロタクシーと泥船って・・・? ドロドロ、調べてみよ。 
Commented by fuji_sss at 2013-10-13 22:20
photoboy5 さん、今回、名古屋市美は作品が少なく不評のようなのですが、
赤と青の線はこんなお天気の良い日でないとこんなに明るく撮れなかったかな~とゴキゲンでした。
泥船とドロタクシー、予約しておいたら時間もばっちりでこれもゴキゲンでした。
ドロタクシー(人力自転車タクシー)は歩く速度と同じです。
Commented by fuji_sss at 2013-10-14 21:28
すいません、間違えました。ベロタクシーでした。・(つд`。)・。
Commented by blackfacesheep at 2013-10-14 21:37
お~、三枚とも素敵な画面構成で切り取ってますねえ♪
1枚目と3枚目の斜め具合、実にアーティスティックなんであります。
2枚目は、出口の人のシルエットが素敵なアクセントになっております。
でも・・・市美の作品って、他の会場に比べるとちょっと地味でしたね。
ベロタクシー、結局乗らずじまいでしたよ・・・歩くのが好きなんだろうなあ、残暑でも。^^;
Commented by fuji_sss at 2013-10-14 23:51
blackfacesheep さま、名古屋市美は写真撮れたので満足でしたが、見るだけだとすぐ終わってしまいますね。
でも納屋橋とセットで考えれば十分満足できます。
ベロタクシー速歩きより遅いし、ドライバーさんが気の毒になってしまうので、むしろ真夏には乗れません・・。


<< トリエンナーレ - サイクルクエイク      トリエンナーレ - 浮遊する都市 >>